NISA売却したので運用成績をブログで公開!いくら儲かった?非課税額は?

資産形成

2023年末に旧一般NISAの2019年枠が非課税期間満了を迎えます。

制度的に2024年から新たに始まる新NISAに移行する関係上ロールオーバーが不可能であるため売却という流れとなりました。

売却手続きを行わなければ特定口座に払い出されますが、

同じ銘柄がある場合は合算されるため特定口座にて利益が出ているとNISAのまま売却するときと違い同じ口数を売却しても課税されてしまいます

そのためNISAの状態で2023年末中に売却に踏み切ることとしました。

5年間というそこそこ長い期間ですし、2019年からですとコロナショックも経験しているので参考になるかと思い、今回は最終運用実績として公開したいと思います。

はたしてNISAでどれくらい儲かったのか?どれくらいお得だったのか?

しっかり数字も出して公開していこうと思います。

スポンサーリンク

一般NISA 2019年枠運用最終実績

運用商品と損益

SBI証券の画面をスクショしました。

商品はアクティブファンドで日本株に投資するひふみプラス、インデックスファンドのeMAXIS Slim 先進国株式インデックスeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)になります。

ひふみプラスは途中でつみたてを停止しています。

メイン商品はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)でトッピングにeMAXIS Slim 先進国株式インデックスという形です。

現在のアセットアロケーションについては下記過去記事を参照ください。

いずれの商品も利益が出ましたが、メイン商品が債券やREITも含まれたバランスファンドということで先進国株式単一よりも利益が見劣りしている形ですね。

先進国株式が5年で+111.84%(2倍以上)なので破壊力ありますね。

とはいえバランスファンドの方が投入金額は大きいですので、+38.13%と言えど絶対値で見れば大きな利益を残すことができました。

当然ながらNISAは利益には課税されませんので、今回の非課税額としては下記になります。

トータル売却益551,001円に対して金融所得に対する税率20.315%をかけた111,935円が非課税額となりました。

仮に特定口座で運用をしていた場合に支払わなければならなかった税金が111,935円です。
この金額がNISA枠内で運用したことによりセーブできた金額となります。

キンチラ
キンチラ

NISAで運用したら11万円以上得した、ということだね

利回り

さて、これを複利利回りに換算するとどれくらいだったのでしょうか。

複利計算には下記サイトを利用させていただきました。この場を借りて感謝いたします。
Keisan 生活や実務に役立つ計算サイト

5年間で元金1,200,000円で利益551,001円ですと、複利年利回り7.8511となります。
※年初に一括投資した場合。実際は一年を通して積み立て投資しているためもう少し上がります。

キンチラ
キンチラ

インデックス投資の利回りは3~7%が通例とされる中でこの数値が実現できたことは自信にしたいと思います。

相対的に利回りの低い債券を取り入れてもこの利回りは出せるということです。

とはいえ5年間という長期投資というには短い期間であったことと、2020年のコロナショック後の回復~上昇相場であったことを考えると、いい相場であったのでこんなものではないでしょうか。

なお商品別にみますと下記になります。

  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)・・・6.6745%
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス・・・16.1984%
  • ひふみプラス・・・7.2974

先進国株式が異常ですね。私のように債券を混ぜたアセアロではなくS&P500やオルカンオンリーで運用している方は凄く利益を上げられたはずです。

ひふみプラスは株式のみの商品ですが、債券が混ざったバランスファンドと比べてもそこまで差がある感じではないです。

株式か債券か、という観点ではなくどこの国に投資するか、が投資成績を決める要因として大きかったようですね。少なくとも2019年~2023年は。

キンチラ
キンチラ

先進国株式を国別にみると米国が78%程度を占めます。米国株強し。

スポンサーリンク

感想

みなさま気になるNISAの運用成績はいかがだったでしょうか?

恐らく巷で流行中のS&P500オルカンオンリーの運用が大い中、バランスファンドを活用した債券やREITを織り交ぜた場合の成績は珍しかったと思います。

私の感想ですが「債券を混ぜた保守的なアセアロでも7.8%以上の複利利回りを実現できた!」というのが第一です。

バランスファンドをコアとしリスク調整に先進国株式を上乗せする、というやり方で6%台から7%台に乗せることができました。

確かに運用期間は良い相場だったと思いますが、とはいえ暴落に見舞われる可能性もありましたので結果論です。

仮にコロナショック以上の数年間下落が長引くような暴落をしていた場合は債券の強みを生かし、損失を最小限に抑えることができたと予測されます。

株式100%君
株式100%君

好調相場だったわりに7%台かよ。

という意見もあるかと思いますが、逆に暴落すると株式のみよりも強いわけです。

今回はNISAの非課税期間満了ということで売却しましたが、もし2,30年の長期で見た場合に債券があることでトータルで見た利回りの安定化につながります

株式オンリーに比べて上昇幅も限定的ですが、暴落時は下げ幅が小さいはずですからね。
※投資は人生を支えてくれるものですが、それに振れ幅をどれだけ許容できるか、という考え方を持っています。

リスクに対処しながら確実に利益を享受する、といった行動が実を結んだと思っています。

今後もこのスタイルを崩さす着実に積み上げていきます。

なお月ごとの資産公開や新NISA活用についての記事では宣言しているのですが、

今回のNISA売却分は2024年に新NISAの枠に投資できるようになった際に同じ金額を一括購入する予定です。

キンチラ
キンチラ

僕はこれをセルフロールオーバーと呼んでる

スポンサーリンク

投資を開始するならこの証券会社で!!

大きな資産を形成するためには証券口座の開設が不可欠です。

選ぶ証券口座によっては選べる投資商品や手数料が変わってきたり、各社投資をし易い独自のシステムやお得なポイント制度を整備しています。

それらは投資リターンに結び付くため、証券口座選びは重要です。
ここから私が実際に活用している証券会社から推奨できる2社を紹介しちゃいます!

ネット最大手 “SBI証券”

SBI証券とは
SBI証券は、1999年にインターネット取引サービスを開始した日本におけるインターネット証券の先駆けです。
常に「業界最高水準のサービス」の実現に努めており、SBIグループ※1は、国内初の証券口座開設数1,000万突破!

※1.SBIグループとはSBI証券、SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券、FOLIOを指します。

キンチラ
キンチラ

長期的に投資するには信頼できる証券口座で行いたい!!
SBI証券はネット証券では老舗中の老舗。あらゆる方に選ばれている実績があります。

SBI証券の口座開設をしたい方はこちら↓↓

SBI証券
ネット証券口座開設数No.1 上記ボタンをタップするとSBI証券公式サイトへ移動します【PR】

●SBI証券の特徴

1. 国内株式個人取引シェアNo.1!※2
  国内株式個人取引シェアは「どれだけ取引に利用されたか」の数値です。
  毎度多くのユーザーに利用されています。

2. 業界屈指の格安手数料No.1!※3
  定額プランなら、1日の取引合計額300万円※4まで取引手数料\0!

3. 取扱投資信託の本数 2,600本超、しかも買付手数料「無料」!
  募集中のファンド・外貨建MMFを含む(2023年5月現在)

4. クレカ積立の利用で積立金額の最大5%のポイントが貯まる、使える♪ 
  しかもNISAでも利用可能!

キンチラ
キンチラ

業界大手だからこその強みの数々だね

※2.2023年3月期上半期(2022年4月〜2022年9月)の委託個人売買代金シェアです。SBIの数値は、SBIネオトレード証券の数値を含みます。
(出所: 東証統計資料、 各社WEBサイトの公表資料より当社集計、各社委託個人 (信用) 売買代金÷株式委
託個人 (信用) 売買代金 (二市場 1,2部等) + ETF/REIT売買代金} にて算出)
※3.比較対象範囲は、 口座開設数上位のネット証券5社 (SB証券、 auカブコム証券、 松井証券、 マネックス証券、
楽天証券 (カナ順) ) です。 (2022/12/16時点各社公表資料等よりSB証券調べ)
※4.現物取引・信用取引(制度・一般)の合計

クレカ積立ポイント

インデックス投資を実践中の私のいちおしポイントは、

まずは何と言ってもクレジットカード積立によるポイント還元です!!

クレジットカードを投資信託積立に使うことで最大5%までポイント還元率を受けれるのがSBI証券のクレカ積立の大きな特徴となります。

貯まったポイントは投資信託の買い付けにも使用できるので、実質利回り5%アップとなります。

年会費無料のクレジットカードでも積立金額の1%のポイント還元が可能なので、年会費を払いたくない方も漏れなくクレカ積立によるポイントをもらえます。

投信マイレージ

SBI証券は投資信託買い付け時だけではなく、保有時にもポイントが付与される投信マイレージという制度があります。

投資信託の種類に応じて付与率は変わりますが、手数料が格安な投資信託にもその手数料をカバーできる分だけの投信マイレージが適用されます。

保有額が大きくなれば毎月馬鹿にならないポイントを獲得することが可能です。

実例として私のポイント獲得履歴を公開しちゃいます!

年会費無料の三井住友ゴールドVISA(NL)で毎月5万円を積立てた分のポイント還元1%(500ポイント)と、

なんと毎月1000ポイント近くの投信マイレージを獲得しています!

毎月1500円相当近くのポイントを投信買い付けと保有をするだけで貰えています。
投資信託を買って積み立てておくだけでまとまった金額が振り込まれる感覚です。

もちろんこのポイントはクレカ積立と同種のポイントとなりますので投資信託の買い付けに使用が可能です。

信頼と実績のある環境でお得に資産形成が継続できるのがSBI証券です。

SBI証券で投資をしてみたい!と思った方はこちら【PR】↓↓
SBI証券
ネット証券口座開設数No.1

クレカ積立ポイント重視”マネックス証券”

マネックス証券はSBI証券と比べてしまうとユーザー数は少ないのですが、それでも有名ネット証券を挙げるとすれば必ず名前が挙がるほどの大手証券会社です。

私が推奨する理由としては年会費無料クレカによる投信積立でのポイント還元が主要ネット証券で最大の1.1%であることにあります!!
※SBI証券は年会費無料クレカでは最大1.0%

またマネックス証券にも投信保有ポイント制度がありSBI証券にも見劣りしないサービスを展開中です。

キンチラ
キンチラ

むしろクレカ積立ポイントにおいては一歩先を行っています!

各社毎月のクレカ積立額には上限があるため、SBI証券とマネックス証券の二つを開設していずれでもクレカ積立を行えばさらにポイント獲得が加速します!

マネックス証券でクレカ積立をしたい!と思った方はこちら【PR】↓↓
マネックス証券
クレカ積立ポイント最大
キンチラ
キンチラ

証券口座はポイント還元率で選ぶ時代!!どうせやるならお得に、ですよ!

資産形成
都内在住サラリーマン投資家の目指せFIRE生活