資産1000万円の壁を超えると人生は変化する?リアルな心情を話します。

資産形成
スポンサーリンク

1000万円というのは貯金に対する一つのボーダーラインのように思います。

働き始めのころは残業をかなりしていたことを口外していたこともあって、大学時代の同期からなんかは

「1000万くらい貯まった?(笑)」と聞かれていました。

体感的に、学生や社会人数年目の人にとってはお金持ちとして一番近い壁が1000万円なのだと思われます。

今私は世帯総資産3300万円。個人でも2000万円はとっくに超えていますので、資産1000万円を超えた時の感情や、変化について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1000万円達成前の貯金に対する見方

まずは対比のために1000万円を達成する前について話したいと思います。

私は社会人になって1~2年目は馬車馬のように働いていましたから、残業代がついて月の給料が大卒初任給水準からするとおかしなことになっていました。

幸いなことに入社年度からボーナスも年二回支給されるようになっていたので、学生時代では意識したことがないほどの口座の数字が表示されていきました。

もともと学生時代から貯蓄体質であり、常に数十万円を口座にとどめておかないと気が済まない質であったことから、自分がお金を使うスピードよりも何倍もの速さでお金がたまっていきました。

大学学部時代の奨学金240万円を入社2年目の春に全額返済できるくらいのスピードです。

100万円、200万円達成時はもう記憶がありません。

なんとなく意識しだしたのは300万円程度からでしょうか。

「このまま順調にためていければ1000万円は夢じゃないな」と思ったことはよく覚えいています。

まだこのころはお金の勉強はしていませんでしたが、自然と収支が大幅黒字だったためお金の不安は感じませんでした。

1000万円の大台に乗るまでは、単に口座の数字が増えていくのを眺めているだけでした。

キンチラ
キンチラ

ちなみに給料日を意識したことがない

その間に高額購入したものといえば、乗り出し25万円の新車スーパーカブ110だけです。

確かにそれくらいであればポーンと払えてしまうくらいの余裕が持てたことは確かです。

家計は超健全でしたから、「まぁまたすぐに数値は戻るだろう」くらいにしか思っていなかったです。

ただ100万円、200万円では少し躊躇していた気がしますので、そういった意味では300万円がたまると数十万円の買い物に対して羽振りが良くなったのかもしれません。

インデックス投資も1000万円達成前に始めていたのですが、余裕資金を投資に回そうという気になるもの300万円くらいからかもしれませんね。

スポンサーリンク

1000万円を達成すると何か変わったのか

さて、本題です。

総資産が1000万円を超える時にはすでにマネーフォワードという家計簿アプリで資産管理していました。

インデックス投資も始めていたので、資産変動を毎日モニタしていました。

達成直前は刻一刻と近づいていくのを眺めていましたね。

そしていざ1000万円を達成した時、思ったこととしては・・・

キンチラ
キンチラ

お、達成したな

終了。

特にそのあとも1000万円達成前と同じように、数値が増えていくのを眺めていくだけでした。

いかがだったでしょうか?拍子抜けしたでしょうか?でも、本当にそうだったのだから仕方がありません。

どちらかというと、300万円あたりが自分にとって影響が大きい資産額でしたね。

1000万円達成で特に変化がなかった理由は、下記だと思います。

  • 黒字家計であり、口座残高が増えていくことが普通で通過点に過ぎない
  • 無理せず達成した通過点であるため、自信も何もつかない
  • 「1000万円に到達≠投資総額1000万円」のため、投資額増減のインパクトがさほど変わらない
  • 1000万円では到底仕事はやめることができない

書きながら、割と冷めてるなぁと思います・・・

周りの同期は数百万の貯金ができた段階で車や大型バイクを購入していましたが、私はそれに興味はなかったため、資産が落ち込むタイミングは特になかったのです。

目標にすらしていなかったですね。というかこのころは目標はありませんでした。

本当に自然と、当然かのように、数値が増えていくのを楽しんでいただけでした。

スポンサーリンク

世間で言われている1000万円で人生が変わるとは?

前項までのように、私は特に1000万円で人生が変わったということはありません。

ではなぜ世間では人生が変わるなどと言われているのか。

それは以下のような私とは全く逆の性質の方にとっての話であると思います。

  • 赤字家計または収支±0であり、口座残高が増えていくことがなく前進しない
  • 何かを変えないと達成できない額であるため、達成した時には自信がつく。つくとさらに貯まる。
  • 投資どころではない
  • お金がたまれば買いたい高額商品がある

このような方は、「自分なんかが1000万円を貯めることができた!」と感動すらするかもしれませんし、「この調子でどんどん貯めるぞ~!!」とモチベーションが爆上がりしたり、変えなかった車が買えるなど、自分の豊かさにつながる買い物ができるようになります。

それはきっと、人生が変わったといってもよいのでしょう。

例えば「スポーツカーでいろいろな思い出を作ることができるようになる」というのは十分人生が変わったと言えると私は思います。

1000万円くらいまとまったお金がなければ変えない車種もあるでしょうし。

でもそんな人は、すでに100万円、200万円時点で人生が変わっている可能性がありますけどね。

赤字家計を是正しただけで人生は好転したといっても過言ではないでしょう。

そんなフェーズをすっ飛ばしている、またはもしかするとまだ訪れていないのが私のようなタイプ。

驚くくらい何も感じないタイプなんです。

\応援クリックよろしくお願いします!/

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました